英国生活情報紙「ミスター・パートナー」イギリスファンの広場

東京在住 ミスター・パートナーファン歴4年 mahoが書き綴る!

英国生活情報誌「ミスター・パートナー」

このサイトって何?


ミスター・パートナーファン歴4年のmahoが、勝手気ままにミスター・パートナーをファンの同士たちに向けて発信する情報サイトです。いろんな人にもって知ってほしいなぁと思い、こんなサイトをたち挙げてしまいました。あくまでも趣味ですが。。。決して暇人ではありません!ただ単純に、イギリス好き、ミスター・パートナー好きがもっと増えればいいなと思っています。

「ミスター・パートナー」を読んで行ってみたい
mahoが好きなイギリスの名所


ここは絶対行きたい!
ロンドン東部 ミスター・パートナー
ミスターパートナー
3月号(No.282)
   
  キルトが趣味の私としては、このお店に絶対行きたい! ロンドン北西部にあるハムステッドにあるお店だそうです。この近辺にはアンティークショップもたくさんあるそうで、散歩して、テールームでお茶をして……。なんて想像をふくらませてしまいました。



イギリスといえば、クロテッドクリーム!
ロンドン東部 ミスター・パートナー
ミスターパートナー
2月号(No.281)
   
  イギリスのオーガニック農場が紹介されているんですが、16世紀から続くオーガニック農場や、今も石臼で小麦を挽いている製粉工場とか、紹介されていました。オートメーション化されていない様子に、ますます憧れを募らせてしまいました。

ロンドン東部 ミスター・パートナー
 
   
  日本の富士山ちかくで糸作りからデザイン、制作まで行っているという若きデザインご夫婦も紹介されてました。「オールドマンズテーラー」。日本にもこんな素敵な活動をしている人がいると思うと嬉しくなります。



こんなお部屋に泊まりたい!
ロンドン東部 ミスター・パートナー
ミスターパートナー
1月号(No.280)
   
  mrpartnerの特集の中で一番大好きなB&B特集!今回はお部屋の写真が大きく出ていて厳選って感じですね。イギリスの家のインテリアがじっくり見れるのでいつも参考にしています。



石造りの家
ロンドン東部 ミスター・パートナー
ミスターパートナー
12月号(No.279)
   
  3日間のショートホームステイができるステイ先を紹介。実際にホームステイした人がどんな目的で訪ねたのか、どんな家だったか、体験談付きで載っていて、刺激を受けました。私は石造りの家で本格紅茶とガーデニングを学びたいなぁ、なんて思ったり……!



ロンドン東部
ロンドン東部 ミスター・パートナー
ミスターパートナー
   
  ロンドン東部は、その昔、治安が悪いことで有名でした。しかし、近年ロンドン中のアーティストが集まるアートの街として生まれ変わり、賑わっています。mahoは美的センスはないですが、アート鑑賞するのは好き!No.269はオススメです。



コッツウォルズ
コッツウォルズ ミスター・パートナー
   
  言わずと知れた世界中の観光客が集まる観光地。最近では大型バスが多くて嫌になる人も多いようですが、コッツウォルズの景観の美しさは、はずせません。数ある村の中でも好きなのはスノーズヒル。観光客はほとんどおらず、静寂に包まれる村です。村の中心にある教会からの眺めはサイコーです。



ブライトン
ブライトン ミスター・パートナー
   
  ここは、もう夏場は本当に気持ちがいい!南部の海辺の町なので、夏は海水浴客で賑わっています。私はビーチでビール片手にのんびりするのが好きです。近くに遊園地もあったりして、何かと楽しめる町です。



バース
バース ミスター・パートナー
   
  イギリスの古都です。入り組んだ小道にはオシャレなショップがひしめきあっています。ローマンバスも見所ですが、なぜだか街全体に歴史の面影を感じられます。



コーンウォール
コーンウォール ミスター・パートナー
   
  イギリス最西端の地。海の壮大な景色は一見の価値有り。崖を切り開いた岩の中腹にある劇場、ミナック・シアターも有名ですが、私が一番好きなのはセント・マイケルズ・マウント。ご存知の方も多いかと思いますが、フランスのモンサンミッシェルと同じように引き潮のときに島への道が開け、満ち潮ではそれが閉ざされる。神秘的な雰囲気が島全体で輝きます。



インヴァネス
インヴァネス ミスター・パートナー
ミスターパートナー
   
  ネッシーが出ると噂のネス湖があり、イングランドとは全く違う雰囲気の街。スコットランドを代表する都市にも関わらす、ゆったりした空気が街中を漂っています。バックナンバーで取り寄せた号!表紙の夫婦はあこがれです。